>

児童福祉法に基づいた金銭的補助と支援内容

児童福祉法に基づいた支援が受けられる

デイサービスと聞くと高齢者を対象としたものばかリがクローズアップされがちですが、援助を必要としている子どもを対象とした児童デイサービスというものも展開されています。
利用するためには「障がい児通所受給者証」を取得する必要がありますが、それによって国と自治体からの金銭的な支援を受けることができるようになるのです。
具体的には利用料金の9割が給付されることになっており、1日何時間であっても1割負担の1000円前後で利用することができると言われています。
ただしこの負担額は世帯の所得によって月ごとの上限額が異なってきますので注意しましょう。
たとえ2つの事業所を利用していたとしてもサービスの上限額というのは全事業所を合わせた利用料金ということになっているので、その上限額を超える金額を請求されるということはないようです。

その子に合ったプログラムで応援してくれる

幼稚園や学校のような場所において、集団行動を乱すことはいけない行為だというのが昔の認識でした。
それから時は流れ発達障害もひとつの個性だという考え方が一般的となってきた今では、社会に順応することが苦手だという子どもであっても生きやすくなるように様々な支援が行われているのです。
たとえばたくさんのお友達の輪に入ることが苦手だという子の場合は、まず限られたお友達と触れ合うことから始めていって少しずつ人との関わり方を身につけられるように促してみたり、気が散りやすいという子に対しては「あそび」を通して集中して取り組める時間を増やしていけるように働きかけてくれるといいます。
子どもを通わせる目的は様々だと思いますが、それぞれの子どもの課題となっていることを克服するための支援が行われているようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る