>

いいことばかりじゃない児童デイサービスの実態

「児童発達支援」について

以前からあったという児童デイサービスは未就学児と就学児をまとめて対象としているものでしたが、複雑化してきた子どもの情緒面を的確にサポートしていくために法律が改正されることになったようです。
具体的には、それまでひとつのものであった児童デイサービスが「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」とに分けられたというのです。
そのうちのひとつである「児童発達支援」というのは未就学児を対象としているもので、主にお母さんから離れて社会に溶け込んでいくことを目標とした場になっていることが多いようです。
デリケートな子の場合、親は心配のあまり過剰に手を出し過ぎてしまって母子分離がなかなか進んでいかないというケースも見られますので、「児童発達支援」のサービスを利用することで子どもの世界を広げてあげるといでしょう。

「放課後等デイサービス」とは

分離した児童デイサービスのもう一方である「放課後等デイサービス」というのは小学生から18歳までの就学児を対象としているもので、放課後やお休みの日に利用することができる福祉サービスだといいます。
サービスを提供している事業所によってその形態や内容に違いがあるといいますので、通い始める前に下調べをしてそれぞれにあった施設を選ぶようにしましょう。
「放課後等デイサービス」の施設で受けることができる指導は運動から専門的な療育活動まで多岐にわたっているといわれています。
その施設で行われていることが本人の興味と一致しているということや、本人が気持ちよく通うことができるということが何よりも大切なことなので施設を選ぶ際には実際に足を運んで活動の状況を見学してみるといいかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る