児童デイサービスはどういう時に利用できるのかを解説します

児童デイサービスを利用するための条件とは

児童デイサービスとはどのようなものか

平成24年から「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」に分けられたという「児童デイサービス」は、それぞれの子どもの特性に合わせた支援プログラムによって実生活で役に立つ力を身につけることができるという頼もしいサービスとなっているようです。
ひとりひとりの特性にあった指導を受けることによって子どもの隠れた才能を見出すことができたり、接し方に悩んでいるという保護者に対してアドバイスをしてくれるというのも通所するメリットだと言えるでしょう。
周りの大人たちが的確に対応できるようになることが課題を抱える子どもにとって大きな安心感を与えることにつながるので情緒を安定させることができるはずです。
児童デイサービスに通うことによって外に出ることへの不安が解消されたり、笑顔が増えたという子も多いようですし、保護者にも時間的な余裕ができることで気持ちにもゆとりが出てくるといいます。
発達支援を必要とするような子どもはお母さんから離れること対して不安を抱くことが多いといいますが、プログラムを通して徐々に母子の距離を広げ自立を促していこうという取り組みもあるようです。

このようにたくさんのメリットがある児童デイサービスですが、中にはデメリットも潜んでいますので注意しましょう。
受給者証を取得するまでには3週間~1ヶ月ほどの時間がかかってしまうので時間に余裕を持って手続きを始めた方がいいということや、利用を開始するまでの手続きが煩雑だということが挙げられます。
また希望する事業所があったとしても空きがなければ通うことができないという問題もあるでしょう。
そして運よく入れたとしても、兄弟がいたり仕事の都合などによって送迎が大変になってしまうということもあるようです。

児童福祉法に基づいた金銭的補助と支援内容

申請が認められて受給者証の交付を受けることができたら児童デイサービスを利用することができるようになるのですが、その際にはどれぐらいの費用が必要になるのでしょうか? また、それらの施設で受けることができる支援の特徴について見ていきたいと思います。

TOPへ戻る